ご注文はお電話・FAXでもお受けしています

  • 0120-511-346
  • 0268-25-3755

携帯電話からは0268-23-2150におかけください。

電話受付  日曜 祝日を除く8:30〜17:00

 

阿梅姫

  • おすすめ

【その他】阿梅姫

価格: ¥500 (税込)
紙袋:
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

上田の英雄真田信繁(幸村)の三女「阿梅」の名に寄せて作った可愛らしいお菓子です。梅の花の形にくり抜いて、高級なお砂糖でまぶして仕上げた一口大の梅のゼリーです。
梅は和歌山県産の南高梅(なんこうばい)のなかでも、とくに薫り高く色つやの良い厳選したものを使用しています。

原材料 梅(和歌山県産)、砂糖、水飴、寒天、粉末オブラート(原材料の一部に大豆を含む)
アレルギー特定原材料に関する表示 特定原材料7品目(卵・乳・小麦・えび・かに・そば・ピーナッツ)は使用しておりません。 特定原材料に準ずるもの20品目は大豆を使用しております。
内容量 15粒入り
外寸法 幅 7.0 cm / 奥行 9.0 cm / 高さ 3.5 cm
賞味期限 180日
保存方法 直射日光を避け常温で保存
お届け方法 常温便

阿梅姫は梅花をかたどった、和歌山県産完熟梅の芳醇な乾燥ゼリーです。

阿梅姫(おうめひめ)は梅花の形にくり抜いた梅のゼリーを、高級なお砂糖でまぶして仕上げた一口大のお菓子です。 お口の中でさわやかな梅の香りが花開きます。

阿梅姫

原料となる南高梅は、阿梅が育った九度山がある紀州和歌山県産。紀伊半島の潮風と強い太陽を浴びて真っ黄色に完熟した果実は、驚くほど濃厚な香りと味を持ちます。 そんな完熟果実からさらにに薫り高く色つやの良いものを厳選し、風味そのままに芳醇ゼリーへとぎゅっと閉じ込めています。

南高梅

阿梅とは

阿梅(1604?~1681)(*1)は信州上田の英雄、真田信繁(幸村)の娘です。
関ヶ原合戦で西軍についた昌幸と信繁の父子はその咎を受け、上田から遠く離れた紀州藩の九度山に罪人として幽閉されていました。 阿梅は父のもと、九度山で幼少期を過ごすことになります。そして慶長十九年(1614年)大坂の陣が起こると、父とともに大坂城に入りました。

系図

夏の陣にて大坂落城の際、阿梅十二歳。本陣深く切り込んで徳川家康を追いつめた父の武勇にならい、幼い阿梅も薙刀を手にして城を枕に討ち死にする覚悟でいました。
そんな凛々しい少女の姿を見初めたのが、仙台藩主伊達政宗の重臣にして「鬼の小十郎」として勇名を馳せていた名将片倉重長(重綱)。彼の手で阿梅は、炎に包まれる大坂城から救出されたという伝説があります。(*2)
後に阿梅はめでたく重長の妻となり、波乱万丈の生涯を白石の地にて終えました。

上田のお土産に、真田ゆかりの阿梅姫をどうぞご利用くださいませ。

*1 阿梅の生年ははっきりと分かっていません。阿梅姫では俗説の「大坂落城の時に十二歳」を採用していますが、老翁聞書では十六(十七)歳となっています。ちなみに、俗説の年齢ですと阿梅が生まれたのは九度山ということになりますが、老翁聞書の年齢で考えると上田生まれとなります。

*2 「大坂落城の砌、城中より年の程、十六七許の容顔美麗なる女性白綾の鉢巻し、白柄の長刀を杖つきて、重綱公の陣先へ出しけり、重綱公之をつれ帰りたまひて後室とす。」(老翁聞書より抜粋)「重長(重綱)と阿梅がどのように出会ったか?」にはいくつかの通説がありますが、阿梅姫では老翁聞書などで見られるお話を採用しました。

南高梅
みすゞ飴物語
店舗のご案内
ご贈答用のし・袋

営業カレンダー
  • 今日
  • 休業につき商品の発送不可
  • クール商品の発送不可

※ オレンジ色の日は、通信販売係が休みを頂戴いたしますため、商品のご発送は承り兼ねます。
※ 黄色の日(休業日の翌日)は、クール商品のご用意がないためご発送を承り兼ねます(クール商品は製造日の翌日に仕上がります)。

ページトップへ